通信高校へ通うメリットや興学社高等学院の魅力

通信制高校の魅力

通信制高校は、全日制高校と同じ勉強をするという目的を持っていますが、学びのスタイルは大きく違います。なので、通信制高校には、全日制高校にはない魅力がたくさんあります。ここから全日制高校と通信制高校の違いを確認していきましょう。

全日制高校と通信制高校の違い

全日制高校

月曜から金曜まで学校に通うのが一般的となっています。通学に時間が掛かるなどのデメリットがありますが、毎日同級生と顔を合わせるので、友達ができやすいというメリットもあります。

通信制高校

学校に行く回数が全日制高校に比べると少ないので、通学にかかる時間が節約できます。ですが、学校行事などがあるので、友達を作る機会が少ない訳ではありません。自分のペースで勉強を進めていくことができるというメリットもあります。

通信高校へ通うメリットや興学社高等学院の魅力

大学生

通信制高校に通う生徒の年齢層

通信制高校は基本的に15歳以上であれば入学することができ、上は60歳以上と幅広い年齢層の方が通っています。通信制高校に在籍している生徒の平均年齢は、19歳となっています。ですが、学校やコースなどにより大きく年齢層が変わってきます。公立の通信制高校だと21歳で私立の通信制高校だと17歳が平均となっています。公立であれば、年齢の高い人が多いということになります。

勉強内容

通信制高校は単位を取ることにより卒業することができるようになっていますが、その単位を取るためには、レポートの提出とスクリーニングが必要になります。何か間違っていることなどがあれば、添削指導を受けることになっています。しっかりとスクリーニングに出席することも大事です。どちらかひとつでも欠けていると、単位がもらえません。3年間で74単位を取得すると卒業することができます。

人気の通信制高校を紹介

日本には沢山の通信制高校がありますが、興学社高等学院もそのひとつです。通信制高校の良い点は、自由度が高いということですが、興学社高等学院はまさに自由な校風を掲げている学校になります。クラブ活動なども活発に行われており、中には芸能活動などを行なっている生徒もいます。一人ひとりの生徒が自分の個性を活かしている学校と言えるでしょう。

通信制高校に通うメリット

毎日通う必要がない

通信制高校は、毎日学校へ行く必要がなく、定期的にあるスクリーニングに参加するだけでいいのです。毎日同じ席に座り、同じ時間に授業を受けるということから開放されることができます。自分で行なうレポートも好きな時間に行なうことができるので、自分に合わせた勉強スタイルで学ぶことができます。

人間関係に囚われない

一人で学習することが多くなるので、教師や友人に気を使うことなく勉強していくことができます。顔をあわせるのは、月に数回または年に数回のスクリーニングのみになります。逆に友達を作りづらいと思ってしまう方もいると思いますが、スクリーニングの時にイベントなどが行われるので、参加することで友達を作ることも可能です。

留年の心配がいらない

通信制高校は単位制という説明をしましたが、3年間で74単位を取れば卒業することが可能です。なので、もし1年間で全然単位が取れなかったとしても、留年することがなく、残りの期間で卒業に向けてしっかりと単位を取ればいいのです。

豊富なカリキュラム

全日制高校はどうしても大学受験に向けた予備校的な存在になりがちですが、通信制高校は専門的な知識を学ぶこともできるだけでなく、さまざまな体験活動を行なっていることが多いです。もちろん大学受験を目指している方のための環境も整っています。

授業料が安い

全日制の高校より通信制高校は授業料が安い傾向にあるので、金銭的に高校に通うのが厳しい人も通うことができるでしょう。公立であれば、三年間で約10万円程度なので、空いた時間にアルバイトなどをすれば自分一人のお金で通うこともできるでしょう。

広告募集中